経理・財務メリット
カーリースは、月々一定のお支払でクルマをお使いいただけるシステムです
クルマを資産として所有しないことで、一時払いの負担や、税金資産計上の必要もなく、車両を継続的に保有する場合に必要な税金や、
代替などで発生する経費を予定する必要はありません。
 
リース満了後の予定残存価格を差し引いて、リース料を算定しています。
OA機器などに代表される一般のリースでは、ほぼその資産価値を全額償却する前提でリース料が算定されています。カーリースの場合は、あらかじめ中古車予想価格にあたる「予定残存価格」を差し引いてからリース料を設定します。したがって、合理的なリース料の算定といえます。



リース料の計算方法
すべての費用から予定残存価格を差し引いた「リース料総額」をリース月数で割ったものが月額のリース料になります。ご契約の車種・契約内容によって実際のリース料は異なります。

リース期間の設定
リース期間は一般的に「3~5年」が主流となっています。リースは契約途中で期間の変更や解約ができないことになっておりますので、お客様のご都合に合った期間をあらかじめご検討ください。


 
カーリースのメリットがより顕著に出る「メンテナンスリースシステム」
カーリースでは「ファイナンスリースシステム」の他にクルマを快適に利用できるすべてをパッケージした「メンテナンスリースシステム」をご用意しております。トヨタレンタリースではカーリースを利用するメリットがより顕著に出ることから、「メンテナンスリースシステム」をお勧めしています。


 
具体的な経理・財務的メリット
多額な一時払いの負担がなくなります。
カーリースなら、月々一定の支払いだけですから資金を有効にご活用いただけます。


100%融資と同じ効果があります。
カーリースなら、車両購入資金調達時の「拘束性預金」は必要ありません。銀行から100%の融資を受けた場合と同じ効果を生み出します。


対外的信用力が保持されます。
車両を購入すれば、当然、固定資産の増加・借入金の増加・流動資金の減少など、みかけ上、財務比率を悪化させてしまいます。カーリースの場合なら、資産計上の必要もなく、信用力が保全されます。


リース料は全額経費扱いになります。
リース料は法人税法上原則として「必要経費」扱いとなります。車両代・税金・保険料・メンテナンスなど一切の費用すべてが月々一定のリース料として必要経費処理できます。


経営計画や予算がたてやすくなります。
メンテナンスリースシステムなら、「リース料+燃料代+駐車場代」だけですから、車両コストが簡単に把握できます。したがって事業プランや予算がたてやすくなり、ひいては社内の原価意識の向上にもつながります。


車両を保有する場合に必要な税・保険の支払は不要。
カーリースなら、車両を保有する場合に必要な税・保険の支払いは、すべて不要になります。特に多くのクルマを保有する場合ほど、そのメリットは大きくなります。
主な代行項目■自動車諸税の納付 ■保険加入の手続き ■保険料の支払い